自分か持っているポジション

普通のビギナー向けのFX投資の教科書では「損をした場面ではナンピン買いをすることによって、ポジション全体の買い付け価格を抑える」と述べられている事もありますが実際にはナンピンにはかなりの危険性が隠れています。中小企業

まずはじめに、ナンピンの理屈について説明しておきます。グリーンスムージー

一例として1ドル100円でドルを買ったとします。胸元 ニキビ

$(ドル)買いだから円安に進むほど利益が出るわけだが、逆に95円まで円高・ドル安方向に向ったとします。シミ 美顔器

その状態でポジションを所有し続けたら、プラスになるためには、マイナス分、ドル高が進まなければならない。新盆 お布施 相場

誰もが、損は出来るだけ早く0にしたいと願います。運転資金借入 無担保

この状況を変えるため最初に買ったのと同じ量の$(ドル)を1ドル=95円で買い増しする。牡蠣 サプリ

そうしたら、平均の買い付け単価は1ドル=97.50銭まで抑える事が出来ます。妊活 セックスレス

言い換えると、半分の幅で円安ドル高が進めば、損を回復できます。コンブチャパウダー 効果

この流れがナンピンのロジックだ。

このような、ナンピン買いの原理を理解すると、「ごもっとも」という考えになるがそう容易には問屋を卸しません。

もとより、1ドル=95円より下がらないとは、誰にも分かるはずがありません。

もし、マーケットが相当のドル安トレンドであるならば1ドル=95円ではとどまらず、さらに円高ドル安に進むリスクがあります。

仮に、1ドル=97.50円でナンピン買いをするとしても、1ドル95円まで円高ドル安になったとしたら、ナンピンした分にも、差損が生じることになってしまうのである。

その状態では、最初に持ったポジションと全部で、差損が生じる事になります。

例示したとおり、ナンピンはややこしいです。

それでは、為替相場が自身のシナリオとは反対に向ってしまった場合いかなる手法で危険の確率を管理すればいいのでしょうか。

そこで選ぶべき道は2つ。

最初のひとつは覚悟を決めて損失を確定する事です。

ふたつめは、その段階で、自分か持っているポジションを小さくする事で、改めて市場がリカバリするのをじっと待ち望むことです。

かなり控えめな手法だと言う投資家もいるkもしれません。

だが、自分のポジションに損が生まれた時最も適切なやり方はこの他にはありえません。

なるほど、理論上は、ナンピン買いをするという術もありえます。

だがしかしナンピンは、損失を披っている状態にもかかわらずポジションを整理するどころか買いポジションを買い増していく方法である。

この手法では、危険を管理することなどどう考えてもやりようがないと思ったほうかいいだろう。

ナンピン買いをし続けられれば最終的には勝てるかもしれない。

だがしかし、それより先に資金が無くなってしまいます。

コンテンツメニュー

    Link