債務免除の手続きから過去7年のあいだに免除

免責不許可事由というのは破産しようとした人を対象として、これこれのリストに該当する人は借入金の免除を受理しませんというようなラインを言及したものです。カイテキオリゴ ガス

つまり、極端に言えば弁済が全然できないような状況でもこの条件にあたる人は借入金の免除を受理してもらえないような場合があるというわけです。メバルの旬や保存方法

ですので手続きをして負債の免除を勝ち取ろうとする方における、最後の強敵が前述の「免責不許可事由」ということになります。ディセンシアつつむ販売店舗

以下はメインとなる不許可事由の概略です。

※浪費やギャンブルなどで極端に金銭を乱費したりきわめて多額の債務を負ったとき。

※破産財団となるはずの私財を秘密にしたり意図的に破壊したり、債権を有する者に損害が出るように処理したとき。

※破産財団の負担を意図的に増大させたとき。

※破産申告の原因を有するのにその債権者に特定の有利となるものをもたらす目的で担保を提供したり弁済期前倒しで借金を返したとき。

※前時点で返済不能の状況にもかかわらずそれを偽り債権を持つものを信じ込ませて上乗せしてローンを続けたり、クレジット等を使用して物品を買った場合。

※虚偽による貸し手の名簿を機関に出したとき。

※債務免除の手続きから過去7年のあいだに免除を受けていたとき。

※破産法の定める破産手続きした者の義務を反したとき。

上記の8つの内容に該当がないことが条件と言えますが、これだけで実際的な事例を思いめぐらすのは、わりと経験に基づく知識がない限りハードルが高いのではないでしょうか。

さらに、頭が痛いことに浪費やギャンブル「など」と記載されていることによって想像できますが、ギャンブルなどはただ具体例の中のひとつというはなしで、ほかにケースとして述べていないことが山ほどあるんです。

具体的に言及されていない場合はそれぞれの場合のことを言及していくと限度がなくなり実際例として定めきれなくなるようなときや過去に出された裁判の決定に基づく判断が含まれるため例えばある例がその事由に当たるかどうかは普通の人には一朝一夕には判断が難しいことがほとんどです。

でも、まさかそれに該当しているなんて考えもしなかった時でも免責不許可という裁定を一回でも出されてしまえば判断が覆ることはなく、借金が残ってしまうばかりか破産者としてのデメリットを7年という長期にわたり負うことになってしまうのです。

だから、免責不許可による悪夢を防ぐために破産宣告を選択するときにちょっとでも不安に思う点や分からないところがあったらまず弁護士に話を聞いてみてもらいたいです。

コンテンツメニュー

    Link