入団会見で長文の日本語を披露

サッカーの世界的スターであるウルグアイ代表ディエゴ・フォルランを、セレッソ大阪が獲得したことで一躍メディアの注目も高まっています。

ツイッターのフォロワー数が400万人を誇ることからも分かる通り、Jリーグではここ10年で最高のスターの登場に沸き立っているのです。

フォルランは人格者で知られているのですが、それは早くも入団会見で彼の人柄がわかる場面がありました。

冒頭で日本語の挨拶をしたフォルランでしたが、なんと長文の日本語をメモも見ず完璧にしゃべりきっていたのです。

時間にして1分以上の日本語ですから、これは相当勉強してきたことが伺えます。

これだけのトップスターがここまで勉強をしてくる、その姿勢に早くも日本のファンからは大絶賛を受けています。

やはりフォルランは成功するべくしてしているのだという事が強く分かる瞬間でした。

こうした努力を怠らないからこそ、サッカーの世界でもトップになれるのでしょう。

私も早速ファンに成ってしまいました。

コンテンツメニュー

    Link