かたくなな愛情の押し付けの子育て

男の子を3人育てました。マイクレ

運よく無事に3人とも普通に育ち社会人となり独立しました。キャッシュカードなどが新たに届くまでの間本当に無一文

でも、今振り返ると自分がいかに子育てに間違えがあったことかと、反省しきりです。ガールズチャット

例えばお弁当。

この地域では給食があるのは小学生の時のみです。

ですから中学生からはお弁当になります。

もちろん学校でパンやお弁当も注文ができました。

でも私はお弁当を作ることが親の愛情だと思い込んでいました。

部活で遠征でどんなに朝早くても頑張って作り続けました。

しかし子供は学校でのパン注文や部活のある日曜日などはコンビニでお弁当を買いたがりました。

それでもお弁当は母の愛!とばかりに作って持たせました。

ある時、部活で遠征した時にお弁当を全く食べずに持って帰ってきました。

友達がコンビニでカップラーメンを食べるのが羨ましいというのです。

たしかに冬の寒い日、冷たくなったお弁当よりアツアツのカップラーメンがどんなにか美味しそうにみえるでしょう。

そこでやっと気がついたのです。

自分勝手に愛情の押し付けていたのだと。

コンビニのお弁当や学校のパン注文をさせてやることも大事な体験です。

かたくなな思い込みで子育てをしてしまった反省です。

コンテンツメニュー

    Link