3ヶ月以内に交付されたものとされています

車を売却するとき、それから自動車の売買時も印鑑証明書がなければなりません。76-15-127

それではこの印鑑証明について解説しましょう。76-14-127

印鑑証明書とはある印鑑に対して、それが実印であるということを保証するための書類です。76-16-127

印鑑証明書がない場合には使っている印鑑が実印であるかどうかが保証できません。76-5-127

高額な商談になる中古車の売買なので必然的に実印が要ることになりますが、それと一緒にこの印鑑証明も要るのです。76-7-127

この印鑑証明を実際に発行するには、はじめに印鑑証明する必要があります。76-19-127

登録するはんこは通称、実印といい世界で唯一の判子であることが条件です。76-13-127

実印を準備して近所の役場の取次ぎ所へいけば印鑑登録をすることができます。76-8-127

印鑑登録の手続きが完了すると印鑑登録カードなるものを発行してもらえて印鑑登録をした判子は実印になったということになります。76-17-127

印鑑証明を交付してもらうには、役所の担当部署へ行き印鑑登録証明書交付申請書に必要項目を書き込んで印鑑登録カードを持参する必要があります。76-6-127

さらに、自動交付機でも印鑑証明を交付する事が可能です。

印鑑証明には有効期限はありません。

なのでいつ取得した印鑑証明であっても印鑑証明としての効力はあるということです。

ただ車売却の際は必要となる印鑑証明は3ヶ月以内に交付されたものとされています。

通常は有効期限を気にする必要はないですが、買い取りの際は業者側が期限を決めているので、もし買い取り予定の車があるとしたら、最初に準備しておくとよいでしょう。

コンテンツメニュー

76-1-127 76-11-127 76-9-127 76-4-127 76-10-127