www.movimientoanimalsolidario.org

自動車の損害保険には自賠責保険および任意保険といったふたつの種類が販売されています。任意保険、自賠責保険の双方ともに、万一の自動車事故など遭遇した場合の補償を想定したものですが実際の中身は若干違うといえます。二つの保険に関しては補償がなされるものが多少違ってきます。事故の相手に関しては、任意保険あるいは自賠責保険によって補償します。自分には、<任意保険>のみで補償します。自分の財産においては[任意保険]のみで補償されます。自賠責保険それのみでは自分自身の傷ないしは愛車についての補償などは受けることができません。相手方への支援ですが自賠責保険ならば死亡時上限額三千万円・後遺障害時上限額4000万円といった具合に決まっています。しかし実際の賠償額が上記の額を上回ってしまうことはよくあることです。さらに続いて相手方の乗用車もしくは家を毀損してしまった際においては加害した者による自己補償になってしまいます。そういった負担を防ぐため任意保険という制度が重要だという話になるのです。被害者に対する支援を重視する任意保険には、それ以外の補償内容があるのです。事故の相手へは死亡時あるいは負傷、マイカーもしくは家屋などといったものの対象物を賠償してくれます。自らに対しては、同伴していた人も入れて、死亡時ないしは負傷を賠償してもらえるのです。自己の所有する財産へは、乗用車を補償してもらえるのです。数々の面での支援が万全であるということが任意保険最大の利点です。月額の掛金の払い込みは必要となってしまうのはしょうがないですが、相手方のためにもクルマに余計な心配を抱くことなく乗りたいのであればぜひ任意保険というものに入っておくべきでしょう。

コンテンツメニュー